【仕事辞めたい50代(女性)向け】仕事辞めたい(疲れた)時の選択肢や考えるべきことを徹底解説!

【仕事辞めたい50代(女性)向け】仕事辞めたい(疲れた)時の選択肢や考えるべきことを徹底解説!

「働き続けるのはもう限界」「今まで頑張ってきたし仕事辞めてもいいかな」とふと考えることはありませんか?

50代を迎え子供の独立や自由に使える時間が増えて「自分が本当にやりたかったことにチャレンジしたい」「もうガッツリ働くのは辞めてもいいのでは?」と考える50代の女性はとても多いです。

しかし「いざ辞めてしまても生活は大丈夫?」「転職先は見つかるの?」などの心配から退職を決意できない方も多いでしょう。

そこで当記事では、「仕事を辞めたい。疲れた」と悩む50代女性に向けて

  • 50代女性が辞めたくなる理由
  • 辞めたいと感じた時のストレス解消法
  • 仕事を辞めたい50代女性の選択肢3選
  • 仕事を辞める前に考えるべき5つのこと

についてご紹介します。退職や転職を検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

旦那さんが「仕事を辞めたい」と言っきた時はコチラの記事へ

目次

あなたはどれ?50代で仕事辞めたい女性の環境

あなたはどれ?50代で仕事辞めたい女性の環境

「仕事を辞めたい」と感じる環境はいくつかのケースがあります。まずは、50代女性がどのような環境に置かれているのか整理していきましょう。

【ケース1】長年正社員で頑張ってきた50代女性

正社員として長年働き続けてきた50代女性が、そろそろ肩の荷を下ろしたくなるケースです。仕事を辞めたくなる背景には、

仕事も家庭も両立して、頑張り続けることに疲れた。

夫も定年が近づき、自分自身の働き方を見直したい。

社内で若手が台頭し、やりたい仕事ができなくなってきた。

などがあるようです。

【ケース2】パート(アルバイト)で家庭を支えてきた50代女性

ケース2は、パートをしながら家事に育児と家庭を支えていた50代女性が、仕事を辞めたくなるケースです。その背景には

パート先の人間関係に疲れた。

住宅ローンの目処や、子供の独立で共働きする必要がなくなった

などが考えられます。

【ケース3】これからの人生をどう過ごすか考える50代の独身女性

次は、50代の独身女性が仕事を辞めたくなるケースです。仕事を辞めたいと感じる背景には、

ある程度お金に余裕もあるし、のんびり暮らしたい。

このまま頑張り続けることに疑問を持ち始めた。

などがあります。

【ケース4】子供が独立し家庭環境が変化した50代女性

子供の独立で教育費がかからなくなったなどの家庭環境の変化は、働き方を考え直すきっかけの1つです。

子供が独立し自分や夫婦の時間を楽しみたい。

家族のために働かなくても良くなった。

などが、仕事を辞めたくなる背景にあります。

【ケース5】体も心も限界を感じている50代女性

仕事だけでなく、更年期など50代に多い体調の変化や、親の介護など50代女性にはさまざまなストレスがかかっています。「もう限界!」と全てを投げ出したくなる日もあるでしょう。このように体も心も頑張ることに限界を感じ、仕事を辞めたいと考える方もたくさんいます。

50代女性が仕事を辞めたい理由

50代女性が仕事を辞めたい理由

年代に関わらず仕事を辞めたいと感じることはあります。あなたもこれまでに何度も「辞めたい」と思ったことがあるのではないでしょうか。しかし、50代になって「本気で仕事を辞めたい」と考えるのは、50代女性ならではの理由があります。ここからは、50代女性に多い「仕事を辞めたい理由」をご紹介します。

子供の独立などで自由になった

「子供が社会人になり、教育費の心配がなくなった」「夫婦2人だけの生活で、時間の余裕ができた」など、金銭的にも時間的にも自由になったことが仕事を辞めたくなる理由の1つです。

家庭や子供がいる方は特に、「働かなくてはいけない」という状況だった方が多いでしょう。子供の独立などがきっかけで働く必要がなくなり、自分の時間を楽しむために退職を考える方もいます。

体調が良くない日が多くなってきた

50代は、体調の変化が大きくなります。体力の低下や、生活習慣病など病気の不安を感じている方も多いでしょう。

また、女性は更年期障害の症状が出始め「疲れやすい」「汗が止まらない」「イライラする」など体調だけでなくメンタル面も不調を感じやすいです。

実際、退職理由のアンケートで「体調不良」を理由に上げるのは、他の年代に比べ50代女性がダントツに多い結果になっています。

体調がすぐれない日も多いと、「仕事を辞めて休みたい」という気持ちになるのも頷けますね。

参考:50代女性の転職理由と業種・職種へのこだわり具合は?転職先の …

職場の人間関係に疲れた

人間関係で仕事を辞めたいと感じるのは、どの年代でもNo.1!もちろん50代女性も例外ではありません。職場では自分よりも若い年代が増え、気まずさや関わりにくさを感じている方も多いでしょう。

「若い子に注意するのにとても気を使って疲れる」

「上司の態度が自分にだけ当たりが強い」

「さらに上の年代の方が幅を利かせている」

など職場の人間関係に疲れ切ってしまったという声もよく聞きます。

親の介護や子供の受験などで仕事以外の悩みが増えた

50代女性は、親の介護や子供の受験など仕事以外で頭を悩ませることもたくさんあります。例えば、「休日は離れて住む親の様子を見にいったり、通院の付き添いで休めない」など休日に休息が取れないこともしょっちゅう。

仕事やプライベートの悩みが多いほど「もう全て投げ出したい!」と感じてしまいます

50代女性が「仕事を辞めたい」と感じた時のストレス発散法

50代女性が「仕事を辞めたい」と感じた時のストレス発散法

「仕事辞めたい!」と感じたからといって「はい。もう辞めます!」とは簡単には決められませんよね。仕事を辞めたいと悩んでいるときは、「疲れた」「モヤモヤする」とストレスが溜まっていることがほとんど。まずは、ストレス発散できる方法を探してみましょう。

とにかく何もしないで休む

仕事に家事に育児。毎日本当にお疲れ様です。忙しい毎日の中、ゆっくり過ごす時間もないのではありませんか?まずはゆっくり休んでください。たまっている有給を使って遊びに行くも良し、思う存分テレビを見るのも良し。

たまには仕事も家事も全て放棄して、ご飯も作らない日があってもいいじゃないですか!まずは、とにかく何もしないで休む日を作ってみてはいかがでしょうか。

心がときめく趣味に没頭する

約20年前の冬ソナブームを覚えていますか?当時4、50代の女性が熱狂的に韓国ドラマにハマり元祖韓流ブームを作り出しました。当時は「マダムたちがなんでそんなにハマるの?」と思いませんでしたか?私もそう感じていた1人です。

しかし、今なら当時の50代女性たちの気持ちがわかります。いつまで経っても私たちには「トキメキ」が必要!韓国ドラマは1つの例ですが、時間を忘れて夢中になれる趣味に没頭してみてはいかがでしょうか

仕事や家庭以外のことに時間を割くことでリフレッシュできます。「トキメキ」とはキュンキュンするとに限りません。「美味しい料理やスイーツを食べる」「花を見る、育てる」などなんでもOK!「ワクワクする」「楽しい」と思える趣味を見つけてみましょう。

女子会で友人たちと話す

「このモヤモヤした気持ちを誰かに聞いてほしい!」そんな時はありませんか?実は、悩みや不安・不満を人に話すことでスッキリするのは心理学的にも証明されています

気の合う友人たちと女子会を開催し「仕事に疲れた」「辞めたい」「楽になりたい」そんな思いを発散してはいかがでしょうか。同じような思いを抱えている友人はきっと多いはず。お互いにぶっちゃけトークでストレス発散して明日への活力を養いましょう。

コーチングを受けてみる

「仕事を辞めるべきか転職するべきかわからない」「これからの人生どう生きていけばよいか心配」など不安や心配がある方は、コーチングを受けてみるのも1つの方法です。

上記の女子会でストレスを解消する方法でもいったように、人に悩みを話すことで不安を軽減する効果があります。その上、コーチングではプロの目線からあなたにとって適切なアドバイスや目標達成のサポートを受けることが可能です。

まずは無料でカウンセリングが受けられるサービスもあるので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

仕事を辞めたい50代女性の選択肢3選

仕事を辞めたい50代女性の選択肢3選

ゆっくり休んだり、ストレス発散してみても50代女性が「仕事を辞めたい」と感じる場合、どのような選択肢があるのでしょうか。ここからは、仕事を辞めたい時の3つの選択肢をご紹介します。

思い切って仕事を辞める!

仕事を辞めたいという思いが強いのなら、思い切って仕事を辞めるのも1つの方法です。退職金や失業手当などをもらいながら、これからについてじっくり考えるのも良いでしょう。

仕事を辞めるとなると無収入なる不安がふと湧いてきますが、失業手当は、雇用保険をかけていた年数に応じて最低3ヶ月はあります。

また、うつ病など仕事を辞める理由によっては傷病手当を受給できる可能性も。その場合は最大1年6ヶ月受給期間があります。仕事が辛いときは、思い切って退職し、心と体を休めましょう。

これまでずっと頑張ってきたのですから、少し休む期間をおくのも良いと思います。

働き方を柔軟に変える

可能であれば部署異動で環境を変えてみたり、正社員からパートや派遣社員など働き方を変えてみることで解決できる場合もあります。

「仕事を辞めたい」と考えている方の中には、「今までほどハードに働かなくても良い」という方も多いでしょう。

例えば、「責任の多い正社員からパートや契約社員に切り替えて負担を減らす」「同業種のパートに応募してみる」などこれまでの働き方や雇用形態を見直して、自分のペースで働ける環境を作ってみてはいかがでしょうか

転職活動をしてみる

退職や転職を迷っているときは、転職活動をして自分の市場価値を把握するのもおすすめです。転職活動は、するだけしてみても損はありません。転職サイトや転職エージェントに登録して、応募できる求人や、転職エージェントのカウンセリングを受けるだけでも自分の市場価値を客観的にみれます。

もしかしたらあなたの経歴やスキルには、思いもよらないニーズがあるかもしれません。転職活動をしてみた結果、受けてみたい企業があれば応募してみても良いですし、今の仕事の方がいいなと思えば、転職しなくても大丈夫。

少し勇気を出して行動してみましょう。悩んでモヤモヤしている日々を過ごすなら、行動してみると悩みが晴れることもあります。

50代女性が仕事を辞める前に考えるべき5つのこと

50代女性が仕事を辞める前に考えるべき5つのこと

悩むよりも行動することは大事ですが、勢いだけで仕事を辞めてしまうのは注意が必要です。家族がいても、独身であっても簡単に決められることではないでしょう。そこで、仕事を辞める前に考えるべき5つのポイントをご紹介。ぜひ一緒に考えてみましょう。

体力や体調面など健康状態を考える

仕事を辞めたい理由でも述べたように、50代は体調の変化が現れてきます。また、ご自身だけではなく、旦那さんにも病気のリスクが増えるでしょう。

例えば「体調が悪い日が増える中、転職活動する余裕があるか」「旦那が働けなくなった時を考えて少しでも働いていた方が良いのか」など体調面を考慮してどのような選択肢がベストか考えてみましょう

生活の変化による影響を考える

「親の介護をしなければいけなくなった」「子供が社会人になり独立した」「孫が生まれた」など50代では生活が変わる可能性があります。

生活が変わることで、自分の時間に余裕ができるのなら、スパッと退職してしまうのも良いでしょう。もしくは、時間に融通が利く働き方をした方が良いかもしれません。

あなたにとって、どのような生活スタイルが良いか考えてみてはいかがでしょうか

退職しても金銭面は大丈夫か

やはり「仕事を辞めること」のいちばんの不安は金銭面。正社員で長年働いてきた方なら当面の心配はないかもしれませんが、これからの長い人生を考えると、老後の不安も頭をよぎることでしょう。

そこで、「貯金額の把握」「退職金がいくらもらえるか」など退職してもお金で困ることはないかシュミレーションしておくことをおすすめします。シュミレーションをすることで、最低限どのくらいの収入があれば良いかも把握できるので、転職活動やパートを探す際の参考になるでしょう。

また、注意すべき点として、正社員や厚生年金をかけていたパートの方は、今退職すると年金受給額が下がります。転職して厚生年金に引き続き加入すれば問題ありませんが、国民年金や専業主婦に切り替わると、定年まで勤めた場合よりも大幅に下がる可能性も。

年金受給額は「日本年金機構のねんきんネット」で確認できるので調べてみると良いでしょう。

自分に合っている生き方や働き方がどんなものか考える

人それぞれ自分に合った生き方や働き方が違います。これまで「本当は家に居たかったけど仕方なく働いていた」方もいれば「仕事があったから今までやってこれた」という方もいるでしょう。

そして、これからは「自分のペースで働きたい」方もいれば「お金の心配は極力したくない」方もいます。もしかしたら「のんびり過ごしたい」という方もいるかもしれません。

あなたにとって、ベストな生き方や働き方を今一度考えてみましょう

50代女性の転職事情を理解する

50代女性の転職事情について理解しておきましょう。「50代で転職するのは厳しい」と一度は聞いたことがあるかもしれません。結論をいうと50代女性が正社員の転職を探そうとすると、簡単ではないです。厚生労働省の調査によると50代女性の正社員での転職成功率は、約5%から7%と20代に比べ約半分になります。

しかし、パートの転職率は約10%となることから、雇用形態にこだわらなければ可能性はグッと高くなるでしょう。また、介護職やサービス業など人手不足の業界は、未経験の50代女性でも歓迎される傾向があります。

50代女性がこれからの人生を楽しむには?

50代女性がこれからの人生を楽しむには?

人生100年時代ともいわれるこの時代。今仕事を辞めたいと悩んでいるあなたは、ある意味、第二の人生のスタートラインに立っているのかもしれません。最後に、50代女性に向けてこれからの人生を楽しむためのメッセージをお伝えします。

今まで諦めていたことはありませんか?

これまで家族のため、生活のために働いてきて諦めていたことはありませんか?例えば、

「本当はチャレンジしてみたい仕事があった」

「生活のために、自分の趣味を封印してきた」

「テレビで見た社交ダンスに挑戦してみたい」

「家で料理教室をやりたかった」

などなど、今までできなかったこと・諦めていたことを始めるのも良い機会かもしれません。

もし「本当はやってみたい仕事があった」方の中には、年齢を理由に一歩踏み出すことができない方もいるでしょう。しかし、行動せずに諦めるのはまだ早いです。仕事にもよりますが、50代でも挑戦できる可能性はあります。転職エージェントや資格スクールなど、その道のプロに一度相談してみてください。

これからは自分の人生!第二の人生のスタート!

これまでの人生、辛いこともたくさんあったと思います。家族のため、生活のため歯を食いしばって仕事をしていたこともあるでしょう。頑張ってきた自分をまずは褒めてあげてください。

そして、これからは今までよりも少し自分のために生きてみませんか?「家族のために働く」を「自分のために働く」に転換して、お小遣い稼ぎのために働くもよし!思い切って仕事を辞めて、今までできなかった習い事や趣味を始めるのも良いですね。

習い事や趣味にかかるお金を捻出するために「もう少し仕事を続けようかな〜」ぐらいの感覚で働くのも良いでしょう。仕事は自分の人生を楽しむための1つの要素。自分にとって何が1番良いのか、考えるきっかけになれば嬉しいです。

まとめ

当記事では、正社員・パート・子供が独立などさまざまな環境の50代女性に向けて、「仕事を辞めたいときのストレス解消法」「具体的な選択肢」「辞める前に考えるべき5つのこと」などについてご紹介しました。

今、あなたが「仕事を辞めたい」と悩んでいるのは、人生の岐路に立っているからかもしれません。当記事が、あなたの悩みを解消するヒントになれれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【PR】おすすめの転職エージェント

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる