【仕事をしながら転職活動やってはいけない6つの過ち】働きながら上手に転職活動しよう!

【仕事をしながら転職活動やってはいけない6つの過ち】働きながら上手に転職活動しよう!

「転職活動で絶対に失敗したくない」

「会社にバレずに転職活動ってできるの?」

転職活動を始めるときは、失敗したり、会社にバレて気まずい思いを絶対にしたくないと思うものです。特に初めて転職活動をする方は、仕事をしながらちゃんとできるか心配な方もいると思います。

実は、仕事をしながら転職活動をする際にやってはいけない6つの過ちがあるのです!

当記事では、在職中の転職活動で注意すべきことや、転職成功のコツをご紹介します。

仕事をしながら転職活動するなら転職エージェントがおすすめ!

スクロールできます
リクルートエージェントdodaマイナビクリエイター
サービス名リクルートエージェントdodaマイナビクリエイター
公開求人数273,626件162,332件3,576件
非公開求人数277,069件非公開非公開
おすすめポイント圧倒的求人数!転職者満足度No. 1IT・WEB系の転職に特化
料金無料無料無料
対応地域全国全国全国
公式サイト公式サイトから登録公式サイトから登録公式サイトから登録
目次

【仕事をしながら転職活動】やってはいけない6つの過ちとは?

【仕事をしながら転職活動】やってはいけない6つの過ちとは?

仕事をしながら転職活動をするときにやってはいけない6つの過ちはこちらです。

①会社のWi-FiやPCで転職活動をする
②異動のタイミングを考慮しない
③周りの人に転職活動をしていると言ってしまう
④自己分析をせず求人に応募しようとする
⑤1人で転職活動をしようとする
⑥履歴書や職務経歴書を人に見せない

当たり前のことから意外と知らないことまで注意すべき点があるので必ずチェックしましょう。

①会社のWi-FiやPCで転職活動をする

会社のWi-Fiやパソコンでは、アクセスした端末の閲覧履歴が全部残るように設定されていることがほとんどです。

毎日社員の履歴をチェックしているとは考えにくいですが、Wi-Fiやパソコンに何らかの不具合があったときに調査され、転職活動がバレることも考えられます。

休憩時間などに転職の情報を調べたり、メールの確認をしたいときは必ず「Wi-Fiをオフにした私用のスマホ」で!

これを徹底してください。

②異動のタイミングを考慮しない

転勤や異動が定期的にある場合は、異動の時期を避けて転職活動を行いましょう。

もし異動が転職活動中にあった場合、とても面倒なことになるのは想像できるはずです。

例えば、引っ越しを伴う異動になってしまうと、転職活動をストップするか、転職が決まってないのに退職するかの選択を迫られます。

また、異動してすぐ退職することを上司にいうのは、正直気まずい!

転職活動をする際は、近いうちに異動の可能性がないか考慮しておきましょう。

③周りの人に転職活動をしていると言ってしまう

転職活動は会社にバレずに行いたいもの。そのためどんなに仲の良い同僚でも、周りに転職活動をしていると絶対に言ってはいけません。

人の噂は想像以上のスピードで広がります。言いたくなる気持ちもわかりますが、バレて気まずい思いをしたり、転職活動が失敗するリスクを無くすためにも必ず守りましょう

最近はSNSで日々のことを気軽に発信する方も多いですが、SNSも要注意!どこで会社の人に見られるかわからないので、SNSでも転職活動の発信は控えた方が安心です。

④自己分析をせず求人に応募しようとする

実は転職活動で初めにすることは、求人探しではありません。まずは、「どのような仕事をしたいか」「どのような強みがあるか」など自己分析をすることが転職活動で重要です。

自己分析をせず、とりあえず良さそうな求人に応募してしまうと、書類選考や面接を通過できず不採用の山を作ってしまう危険性もあります

⑤1人で転職活動をしようとする

転職活動は平均3ヶ月から半年かかるといわれています。

転職活動中は普段の仕事が忙しくて思うように行動できなかったり、面接でうまくいかなかったりなど、さまざまな出来事があります。

そんな時、いつでも前向きに「転職活動やったるぞ!」というテンションを保てるでしょうか?

多くの人は

「うまくいかないし、転職は無理なんじゃないか」

と落ち込んでしまうでしょう。

実は、転職活動で1番多い失敗は「途中で諦めてしまうこと」。

だからこそ、転職活動を成功させるには、誰かに転職活動をサポートしてもらう必要があります。

その解決方法は、記事の後半でしっかり解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

⑥履歴書や職務経歴書を人に見せない

履歴書や職務経歴書は、企業の採用担当者が最初に目にする大事な書類!あなたの第一印象がこれで決まるといっても過言ではありません。

履歴書や職務経歴書を形に沿って書くことは、ほとんどの方ができます。しかし、それではぶっちゃけ書類選考を通過できない!

なぜなら、応募書類を書く際は下記のようなコツがあるからです。

  • 自分の強みや能力を1つでも多くアピールする
  • 応募企業にとって必要な人材であることを実績をもとに書く
  • 書類選考に通りやすいポイントを抑える

でも応募書類の書き方なんて習ったことはありませんよね?そこで、選考を通過するためにも第三者の目でチェックしてもらう必要があるのです

【仕事をしながら転職活動】転職成功のコツ!

【仕事をしながら転職活動】転職成功のコツ!

では、仕事をしながら転職活動をするにはどうすれば良いのでしょうか。転職成功のコツをご紹介します。

転職活動の目的・ゴールを設定する

転職活動を始めるときには、転職活動の目的やゴールをしっかり決めておくことが大切です。

目的やゴールの例はこちら。

  • 転職で何を成し遂げたいか(キャリアアップ、労働環境改善など)
  • いつまでに転職したいか
  • 給与などの条件で譲れないライン

上記のような目的やゴールを設定しておかなければ、あとで「転職しなければよかった」と後悔する場合があります。

例えば、何度も不採用が続くと、とりあえず決めたいと妥協しがち。その結果、給料が下がったり、業務内容に不満がある転職をしてしまう方も多いです。

後悔しないためにも、転職活動の目的やゴールを設定しましょう。

転職エージェントを利用する

仕事をしながら転職活動をするには、転職エージェントを利用するのがおすすめ!その理由は転職エージェントを利用すると、仕事をしながらの転職活動でやってはいけない過ちを回避できる上に、転職者に嬉しいメリットが多いからです。

では、どのようなメリットがあるか詳しくみていきましょう。

転職エージェントのメリット

転職エージェントには以下のメリットがあります。

  • キャリアカウンセリングで自己分析を一緒にしてくれる
  • 非公開求人が多く、選択肢が広がる
  • あなたに合った求人を探してくれる
  • 企業への応募や面接日の調整をしてくれる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
  • 模擬面接などで面接対策ができる
  • 不採用の場合、どこがダメだったかフィードバックをくれる
  • 内定後に給与などの条件交渉をしてくれる

ここで「やってはいけない6つの過ち」を思い出してください。転職エージェントを利用すれば、

④自己分析をせず求人に応募しようとする
→キャリアカウンセリングで自己分析ができる
⑤1人で転職活動をしようとする
→いつでも担当アドバイザーに相談できる、不採用時もどこがダメだったかフィードバックがもらえる
⑥履歴書や職務経歴書を人に見せない
→プロの目で添削してもらえる

と、過ちを起こさない!(会社のWi-Fiを使わないことや、周りに言わないのは自分で気をつけてね)

他にも面接対策など転職者に嬉しいサポートが充実しているにも関わらず、転職エージェントは完全無料!

転職者が使わない手はありません。

転職エージェントのデメリット

とはいえ、転職エージェントにもデメリットはあります。それは「慣れるまでは転職エージェントとのやりとりが面倒」という点です。

転職エージェントを利用すると、求人探しや面接日の調整をしてくれるものの、それに関する連絡を取り合う必要があります。

転職エージェントからの連絡が頻繁に来ると、煩わしく感じることもあるでしょう。

しかし、やりとりの手間さえ乗り越えれば、転職ができるので少し頑張って利用してください。

【補足】転職サイトだけで転職活動するのはおすすめできない理由

「転職サイトでもネットで簡単に応募できるしいいんじゃいの?」と思う方もいると思います。

確かに、求人サイトは「自分のペースで転職活動できる」「転職先を自分の意志で探すことができる」という点では転職エージェントにまさっています。

しかし、転職活動では、「面接がうまくいかない」「書類選考が通らない」といったことで頓挫しがち。

そのため、転職者が不安に感じる面接や選考通過のサポートが充実している転職エージェントを利用する方が、失敗するリスクが少ないといえます

初めての転職活動でよくある疑問【Q&A】

初めての転職活動でよくある疑問【Q&A】

最後に、初めて転職活動をする方によくある質問を集めてみました。

面接は平日しかできませんか?

平日は仕事が忙しいのですが、面接は平日しかできないのでしょうか?

面接は業務時間内に行われるのが一般的のため、平日がメインです。
しかし、企業によっては、終業後や土日などに調整してくれる場合もあります。
転職エージェントでは面接日の調整を行なってくれるので、相談してみましょう

退職予定日が決まっていない時、面接ではいつから働けるといえばいい?

退職予定日がまだ決まっていない場合、面接ではいつから働けるといえば良いでしょうか?

引き継ぎのことも考慮して、約1ヶ月から2ヶ月後を目安に伝えましょう。
また、退職手続きでトラブルが起きないよう就業規則は事前に確認しておくことが大切です。
例えば、就業規則で1ヶ月前に退職を申し出ることになっている場合は、入社日を1〜2ヶ月先にしておくと良いでしょう。

転職活動が会社にバレたらどうなりますか?

もし転職活動が会社にバレたらどうなりますか?

転職活動は別に悪いことではないのですが、会社にバレると会社に居づらくなるケースが多いです。
また、上司に急にプロジェクトを任せられたり、面談の回数が増えるなど、辞めにくい状況に置かれる可能性があります

退職意思を伝えるのはどのタイミングですか?

会社に退職をどのタイミングで使えれば良いですか?

転職先から内定が出たら、なるべく早く上司に伝えましょう
その際、必ず就業規則を確認し、規則に則った退職日を申告してください。
円満に退社するためにも転職活動を始める時点で就業規則を確認しておくと良いでしょう。

転職活動は何ヶ月かかりますか?

転職活動は何ヶ月かかりますか?

人によって異なりますが、平均3ヶ月〜半年ほどといわれています。ある程度時間がかかることを考慮して、転職活動を始めましょう。

仕事をしながら転職活動をするときは転職エージェントがマスト!

ここまで仕事をしながら転職活動をする際に「やってはいけない6つの過ち」と転職活動成功のコツをご紹介しました。

【仕事をしながら転職活動】やってはいけない6つの過ち

①会社のWi-FiやPCで転職活動をする
②異動のタイミングを考慮しない
③周りの人に転職活動をしていると言ってしまう
④自己分析をせず求人に応募しようとする
⑤1人で転職活動をしようとする⑥
履歴書や職務経歴書を人に見せない

上記の過ちを犯さず、仕事をしながら転職活動する場合は転職エージェントの利用がマスト!

転職成功率を上げるには2、3社のエージェントを利用して選択肢を広げることがおすすめです。転職エージェントを上手に使って転職活動を始めましょう。

スクロールできます
リクルートエージェントdodaマイナビクリエイター
サービス名リクルートエージェントdodaマイナビクリエイター
公開求人数273,626件162,332件3,576件
非公開求人数277,069件非公開非公開
おすすめポイント圧倒的求人数!転職者満足度No. 1IT・WEB系の転職に特化
料金無料無料無料
対応地域全国全国全国
公式サイト公式サイトから登録公式サイトから登録公式サイトから登録
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる