ホワイト企業に転職したい!ホワイト企業を見分けるポイントや転職する方法を徹底解説

ホワイト企業に転職したい!ホワイト企業を見分けるポイントや転職する方法を徹底解説

「残業が少ない」「休みが多い」など働きやすいイメージがあるホワイト企業。「転職するなら絶対ホワイト企業が良い!」と誰もが感じているはずです。

しかし、ホワイト企業には明確な基準がないため「そもそもホワイト企業って何?」「ホワイト企業を見分けるには何を見ればいいの?」などの疑問が浮かんできませんか?

そこで今回は

  • ホワイト企業の定義とは?見分けるポイントを解説
  • ホワイト企業に転職する方法
  • ホワイト企業に転職したいと思った時の注意点

について徹底解説。これから転職活動を始めたいとお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

目次

ホワイト企業の定義とは?見分けるポイントを解説

ホワイト企業の定義とは?見分けるポイントを解説

そもそもホワイト企業とはどのような企業のことでしょうか?ここでは、「ホワイト企業の定義」や「見分けるポイント」についてご紹介します。

ホワイト企業に共通する特徴

実は、ホワイト企業には明確な基準はなく、個人の感じ方によって異なります。つまり「働きやすい」「長く働ける」と感じればそれがあなたにとってのホワイト企業になるのです。

あくまでも個人によって基準が異なりますが、一般的に共通するホワイト企業の特徴を以下にまとめました。

  • 残業時間が少ない
  • 休みが多い
  • 離職率が低い
  • 福利厚生が充実している
  • 有給を取りやすい
  • 女性が働きやすい制度や取り組みがある
  • 研修制度が充実している

残業時間の少なさや、研修制度の充実などの特徴から、ホワイト企業は「社員を大切にしていると感じるか」が重要な要素になっています。

厚生労働省が認定するホワイト企業!ホワイトマークとは?

突然ですが「ホワイトマーク」をご存知でしょうか?ホワイトマークとは、厚生労働省が労働者の安全や健康に積極的に取り組み、高い水準を維持している企業を「安心衛生優良企業」として認定する制度のことです。

ホワイトマークを取得するには

  • 過去3年以内に労働基準関係法令の違反で送検されていないこと
  • 労働者の過重労働防止や健康保持増進、メンタルヘルス、受動喫煙への対策など幅広い取組を実施している

など80以上の項目を満たす必要があります。

参考:安全衛生優良企業公表制度について – 厚生労働省

ホワイトマークの認定を受けると、自社HPや求人広告に認定マークをつけることができ、「我が社は国に認められたホワイト企業!」とアピールすることが可能。一般社団法人 安全衛生優良企業マーク推進機構のHPではホワイトマーク認定企業を検索できるので、ホワイト企業を探すときの参考にする1つの方法です。

参考:SHEM 非営利一般社団法人 安全衛生優良企業マーク推進機構 …

ホワイト企業を見分けるポイント

ホワイト企業の特徴やホワイトマークを理解しても、「実際にホワイト企業を見分けるにはどこをみたら良いの?」と感じる方も多いでしょう。そこでホワイト企業を見分けるポイントをご紹介します。

  1. 常に求人が出ていないか
  2. 社員が楽しそうに働いているか
  3. 残業の有無が明確にあるか

それぞれについてみていきましょう。

常に求人が出ていないか

求人サイトを見ていると、「この求人いつも出ているな」と感じたことはありませんか?頻繁に求人が出ている企業はホワイト企業でない可能性があるため要注意です。

求人が常に出ているということは、「常に人材不足」な証拠。人材不足の原因は、労働環境が悪い、待遇が悪く離職率が高いことが予測されます。したがって、常に求人が出ているかどうかはホワイト企業を見分ける大きなポイントです。

社員が楽しそうに働いているか

社員がイキイキと楽しく働いているかというのは、働きやすい職場か判断する重要な要素です。しかし、「楽しそう」というのは感覚によるので、判断が難しい要素でもあります。

そこで、面接時には必ず職場見学をさせてもらうことがおすすめ。実際に働く社員の表情や職場の雰囲気を肌で感じることで、楽しそうに働いているか見ることができます。

また、「SNSの投稿」「企業のHPの社員インタビュー」転職会議などの「口コミサイト」で元社員や現役社員の声を参考にして働く姿をイメージするのも良いでしょう。

残業の有無が明確にあるか

採用情報や求人を見る時は、残業代や残業時間についてわかりやすく書かれているかに注目しましょう。

なぜなら、ホワイト企業は、労働時間の管理や待遇改善の取り組みに自信があるので、給料や残業時間の詳細を明確に記載している傾向があるからです。以下のような「記載がない」「あいまいな表現をしている」企業には注意してください。

  • 残業代、残業時間の記載がない、もしくは分かりにくい
  • 固定残業代、みなし残業代が給料に含まれている

固定残業代やみなし残業代が総支給に含まれている企業は、残業があることを前提として給料を設定しているため、月40時間を超える残業がある企業がほとんどです。

aホワイト企業に転職する方法

ホワイト企業に転職する方法

ここからはホワイト企業に転職するための具体的な方法をご紹介します。転職をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分にとってのホワイト企業の基準を決める

ホワイト企業は個人のイメージによって異なり、基準も人それぞれ違います。そこで、自分にとってのホワイト企業の基準を明確にしておきましょう

基準を決める考え方のポイントは「長く働けそうな条件は何か」「どのような働き方をしたいか」に重点を置いて考えると基準を設けやすいです。

例えば、プライベートを充実させて、バランス良く働きたいのであれば、「残業が少ない」「有給取得率が高い」「年間休日が多い」などを軸にすると転職先を探しやすくなります。

アピールできる実績を身につける

ホワイト企業に転職するためには、アピールできる実績を身につけましょう。なぜなら、ホワイト企業は離職率が低く、求人が頻繁に出ないため、高い競争倍率を勝ち抜く必要があるからです。

競争を勝ち抜いて内定を獲得するために、数字で表せられる営業実績や専門的な知識、スキルなど、転職活動でアピールできる武器を多く身につけておきましょう。

転職エージェントに相談する

ホワイト企業に転職するには、希望条件を伝えて転職エージェントに優良企業を紹介してもらうのが1番の近道です。求人サイトなどで、多くの求人を探すことができても、その企業がホワイト企業かどうかは、どうしても個人では判断できない場合もあります。

そこで活用したいのが転職エージェント。こちらが希望した条件に合った企業を紹介してくれるだけではなく、離職率や残業の実態など情報を聞くこともできます。企業選びに自信のない方や、慎重に企業を選びたい方にピッタリです。

ホワイト企業に転職したいと思った時の注意点

ホワイト企業に転職したいと思った時の注意点

残業時間や休日など条件ばかりに目を向けていると、転職後にギャップを感じてしまう可能性があります。そこで、ホワイト企業に転職したいと思った時の注意点をご紹介します。

ホワイト企業に固執して仕事内容・やりがいを軽視しないこと

1つ目は、ホワイト企業にこだわりすぎて仕事内容ややりがいを軽視しないことです。残業時間や待遇など、働きやすさだけを気にして、仕事内容ややりがいを軽視すると、仕事自体に興味が持てず「つまらない」「仕事が面白くない」と辞めたくなってしまいます。

仕事自体が楽しくないと、どんなに給料が良かったり、休みがあっても働くことが辛いと感じるでしょう。労働時間や待遇などの条件も大事ですが、1番に仕事自体に興味を持って取り組めるかを考えましょう。

ホワイト企業=楽な仕事ではないことを理解しておく

ホワイト企業=楽な仕事ではないことを理解しておきましょう。よくホワイト企業は「ゆるく働ける」「楽な仕事」だと勘違いする方が見受けられます。

働きやすい会社は仕事が楽なわけではなく、むしろ働き方を柔軟にしているからこそ、結果を求める実力主義な企業も多いです。

例えば、福祉用具関係の営業を行うある企業では、現場への直行直帰OKや休日の設定などを本人の自主性に任せており、細かい制約やルールはありません。しかし、働き方を自由にできるのは、営業成績を上げることが当たり前としてあるからです。

決してゆるく仕事したり、サボって良いわけではありません。偏差値の高い学校ほど校則がゆるいように、ルールで縛らなくても成果を上げることが当たり前と考えられている面もあります。

会社がホワイトでも上司によってブラックになる

企業自体がホワイトな体制だったとしても、上司がブラック気質なら自分にとってブラック企業になる可能性もあります。

自分に指示を出す上司が、「結果を出すためには休日なんて関係ない」「長く働いているほど頑張っている」などの古い考え方の上司であれば、どんなに会社の体制がホワイトでもブラック企業になってしまいます。

結局は、上司や一緒に働く人の雰囲気や職場環境が大事。転職する時は、求人票からわかる条件だけでなく、職場見学をしたり、口コミを検索するなど、実際に働いている人の情報をできる限り集めましょう。

まとめ

当記事では、ホワイト企業に転職したい方に向けて「ホワイト企業の定義や見分けるポイント」「ホワイト企業に転職する方法」「ホワイト企業に転職するときの注意点」を解説しました。

転職するなら、働きやすいホワイト企業に行きたいと思うのは当たり前。しかし、労働環境などの条件だけに固執すると1番大事な「仕事が楽しい」ということを忘れてしまいます。「どんな仕事がイキイキ働けるか」「長く働けるにはどのような働き方が良いか」を軸に考えて、あなたにとってのホワイト企業に転職しましょう!

【PR】おすすめの転職エージェント

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる