【施工管理】「向いてない!」「辞めたい!」解決方法と転職手段をご紹介!

【施工管理】「向いてない!」「辞めたい!」解決方法と転職手段をご紹介!

「朝早く家を出て帰宅は23時。明日も5時起き・・・体がもたない」

「職人さんからはバカにされ、上司には怒られる。もう施工管理なんて向いてない」

と悩んでいませんか?

しかし「辞めたら次の仕事どうしよう」と不安も一杯。当記事は「施工管理を辞めたい!」に気持ちが傾きつつも、あと一歩の勇気が出ない方の背中を押す内容です。

大丈夫!施工管理に向いてない・辞めたいと思うのなら無理して頑張らなくて良いんですよ。そこで、施工管理を辞めたい・向いてないと感じた時の解決方法や転職手段を解説します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

【結論】施工管理向いてないなら辞めたっていい!

長時間労働で週1回あるかないかの休日。キツイ人間関係に重すぎる責任。施工管理って本当に辛い仕事ですよね。あなたも今まで何度も「仕事辞めたい」と思ってきたでしょう。

しかし、その度に辞めると言い出せなかったり、周りに引き止められたりして踏みとどまってきたのかもしれませんね。

もうここで無理するのは辞めませんか?本気で向いてない、辞めたいと思うなら、転職したって良いんです

「でもこれからどうすれば・・・」と不安になるものわかります。でもご安心ください。施工管理を辞めても大丈夫!これから「どのような行動をすればよいか」をきちんと解説します。

施工管理向いてない・辞めたいと思う理由【あるある】

施工管理向いてない・辞めたいと思う理由【あるある】

どうしてあなたは施工管理に向いてない・辞めたいと感じるのでしょうか。ここからはよくある施工管理の不満あるあるをみていきましょう。

体力がもたない

今日も朝早くからお仕事お疲れ様です。施工管理は長時間労働当たり前。わかっていても辛いものは辛いですよね。

疲れが溜まると、余計に「体力的にもう無理!」と感じますよね。

休日が少ない

基本的に週休1日制なのに休日出勤だらけの日常。ずっとこの生活が続くと思うとゾッとします。

この先何週間も休みがないなんて、そりゃ愚痴りたくもなりますよ

忙しすぎてプライベート楽しめない

上記の休日の少なさにも関係しますが、唯一の休日も次の日のことを考えると楽しめない方も多いのではないでしょうか。

「休日は寝るだけで終わります」なんて声もよく聞きます。

仕事量が多すぎる

そもそも仕事量が多すぎません?書類も多いしやることだらけですよね。

仕事も激務なのに資格の勉強までしなくちゃいけない時には時間がいくらあっても足りません

人に指示を出すのが苦手

人に指示を出すって難しいですよね。特に年上の職人さんにはめちゃくちゃ気を使います。

この方のように、「使われる側」の方が性に合ってるということもあります

性格的に施工管理向いてない

人から言われたことをいつまでも気にしてしまったり、判断することが苦手などどうしても性格が施工管理に向いてないと感じる方もたくさんいます。

仕事は仕事で割り切って!」とアドバイスされても無理なものは無理ですよね

体育会系のノリに合わない

飲み会が多かったり、根強く体育会系の気質がある現場。合う人には楽かもしれませんが、体育会系のノリが我慢できないこともあります。

昭和の体育会系で生きてきた職人さんや上司も多いし、合わない人には本当に苦痛です

給料が割に合わない

大変すぎる仕事に対して給料が割に合わないとほとんどの方が感じているでしょう。

残業だらけ、休みも少ない。危険も一杯!全然給料に見合ってないよ!と思っても無理はありません

責任の大きさに耐えられない

納期に間に合わせることはもちろん、ミスがあってはいけない施工管理。また工事現場は危険と隣り合わせ。施工管理者は現場に関わる人たちの命を預かっているといっても過言ではありません。

いくらやりがいがあっても責任やプレッシャーに負けてしまいそうです

施工管理を辞めるときの不安

施工管理を辞めるときの不安

施工管理を辞めたくても悩んでしまうのはどうしてでしょうか。ここでは施工管理を辞めるときの心配や不安についてみていきましょう。

収入が下がるなど「お金」の不安

仕事量の割に合わないとはいえ、同年代と比べても平均以上の給料をもらっている施工管理者は、どうしても年収が下がる不安があります。

「施工管理辞めれるなら、給料が下がってもしょうがない」と自分に言い聞かせても、実際簡単には割り切れません

異業種に転職できるか不安

「結局建築関係しかないんじゃないか」「電気の専攻以外勉強してないから異業種は無理じゃないか」など他の業種に転職できないかもしれない不安もあります。

誰しも、違う環境に飛び込むのは怖いもの。他にできる仕事がわからないのはあなただけではありません

転職活動の仕方がわからない

「毎日忙しいのにどうやって転職活動すればいいかわからない」辞めたくても転職活動できないから辞める決心もできない方も多いでしょう。

まして初めて転職を検討している方はわからないことだらけ。何から手をつければ良いのかすらわかりません。

でも大丈夫!不安を解決しつつ転職できるのが【転職エージェント】です!

お金や転職に関する不安があっても大丈夫!あなたには強い味方がいます。それが【転職エージェント】!

次の章では、転職エージェントについて詳しく説明します。

施工管理に向いていないと思ったら転職エージェントに登録しよう!

施工管理に向いていないと思ったら転職エージェントに登録しよう!

施工管理から転職したいときは転職エージェントを利用するのがおすすめ!ここでは、転職エージェントを利用するメリットやデメリットについてご紹介します。

転職エージェントって知ってる?

突然ですが転職エージェントってご存知ですか?「転職先を紹介してくれるやつじゃないの?」となんとなく求人を紹介してくれるのは知っているでしょう。

実は転職エージェントは転職先の紹介だけではありません。以下は転職エージェントで受けられるサポート内容です。

  • キャリアや転職についての相談
  • 転職条件のヒアリング
  • ヒアリングを基にした求人の紹介
  • 職務経歴書や履歴書などの添削やアドバイス
  • 模擬面接などの面接対策
  • 面接日程の調整などスケジュール管理
  • 給与や労働条件の交渉

そしてすべてのサポートは全部無料!つまり無料で転職の相談から入社するまでサポートしてくれるのが転職エージェントなんです!

転職エージェントのメリット

施工管理の方が転職エージェントを利用するメリットはこちらです。

多忙な仕事と両立して転職活動ができる
完全無料で利用できる
自己分析を一緒にしてくれる
複数のエージェントを利用してもOK

それぞれ詳しくみていきましょう。

多忙な仕事と両立して転職活動ができる

働きながら転職活動していると大変なのがスケジュール管理。企業から電話がかかってきても「仕事中で電話に気づかなかった!」なんてこともあります。

しかし、転職エージェントでは面接日程の調整や企業への連絡などをあなたにかわって行ってくれるのでスムーズな転職活動が可能です

完全無料で利用できる

なんといっても無料ですべてのサポートが受けられるのは嬉しいポイント!初めての転職は「どうやって職務経歴書を書けばいいの?」「面接でどんな答えかたをすればいいの?」など疑問がいっぱいです。

そんな疑問を解消してくれる転職サポートを「タダで」使えるなんて利用しない手はありません

自己分析を一緒にしてくれる

施工管理から異業種に転職したい場合「自分は何が向いているんだろう」と悩みませんか?

転職エージェントでは丁寧なヒアリングであなたの適性や強みをプロの目でアドバイスしてくれます。自分自身では意外と自分の良さに気づかないもの。第三者の目から意見を聞けるのは嬉しいですよね。

複数のエージェントに登録してもいい!

転職エージェントはたくさんあるので、「どこを使えばいいのかわからない」という声もよく聞きます。

そこで1つ転職エージェントを利用するコツをいえば、「どこを使う」と厳選するのではなく「気になることころはどこでも」使った方がいいんです

なぜなら、転職エージェントはそれぞれ持っている求人や得意分野が異なり、複数のエージェントを使うことで、転職の選択肢がグッと広がるからです。

もちろんいくつか使ってみて、使いやすいエージェントを決めてもOK!気になる転職エージェントにはとりあえず登録することをおすすめします。

転職エージェントのデメリット

本気で施工管理を辞めたいならメリットが大きい転職エージェントを使わない手はありません。ですが、あえてデメリットをいえば「慣れるまではやりとりの手間が面倒」ということが挙げられます。

転職エージェントを使うと転職アドバイザーと面談をして希望条件を擦り合わせたり、転職エージェントからの連絡に随時対応しなければいけません。

アドバイザーと一緒に転職活動をするので、この手間が少しめんどくさいと感じることもあります。しかし、この手間を惜しまなければ転職に向けて動き出せるので、ちょっと頑張ってみましょう。

おすすめの転職エージェント3選

施工管理から転職したい方におすすめな転職エージェントはこちらです。

施工管理の経験・強みを活かせる転職先

施工管理の経験や強みを活かせる転職先をご紹介します。

不動産ディベロッパー施工管理の経験や知識を活かしやすい
CADオペレーター施工管理の経験や知識が活かせる
WEB業界未経験の採用が積極的。施工管理の方は理系が多くスキルを身につけやすい
営業職施工管理で培った我慢強さやコミュニケーション能力が活かせる
技術系公務員土木・建築関係の経験者を募集する自治体もある

上記はあくまでも一例。最終的には自分のやりたいこと・興味があることをやるのが1番です

【施工管理を辞めるメリット】辞めたらこんな未来が待っている!

【施工管理を辞めるメリット】辞めたらこんな未来が待っている!

もし施工管理を辞めたらあなたにどのような未来が待っているのでしょうか。早速みていきましょう。

プライベートの時間が増える

「休みがなくて家族の時間が取れない」「仕事以外も楽しみたい」誰でも一度は思ったことがあるでしょう。施工管理を辞めた人に話を聞くと「家族との時間が増えた」などプライベートの時間が増えて嬉しいという声を多く聞きます。

長時間労働を見直すことができる

「ちゃんと休みが取れる」「残業が少ない」などの条件にこだわって転職すれば、長時間労働から解放されます。

正直、施工管理の労働時間はすべての仕事の中でもトップクラス。施工管理よりも労働時間が少ない業種・企業は山ほどあります

ストレスがなくなり仕事の満足度が上がる

体力的・精神的にもハードな施工管理。毎日大きなストレスを抱えながら働いていることでしょう。「一体何のために働いているんだろう」とふと思う時もあります。

ストレスがあると、だんだん達成感ややりがいも感じなくなるもの。施工管理を辞めてやりたい仕事や向いている仕事に出会えれば、ストレスがなくなり楽しく仕事ができることもあります。

迷っているなら一歩踏み出せ!「施工管理を辞めてしまおう!!」

迷っているなら一歩踏み出せ!「施工管理を辞めてしまおう!!」

当記事では施工管理に向いてない、辞めたいと悩んでいる方に向けて解決方法や転職手段をご紹介しました。

まだ転職すべきか迷っていますか?ここで最後の一押し!

あなたは今まで本当に大変な施工管理をやってきたんです。上司や周りの人がよくいう「ここで続かなきゃどこに行っても無理!」はウソ!施工管理経験者はどこに転職しても大丈夫です

施工管理が辛いなら一歩踏み出して行動を起こしましょう。

おすすめ転職エージェント3選

自分で退職が言い出せない方は退職代行がおすすめ

「上司に退職を言い出しにくい」「退職の話を取り合ってもらえない」などスムーズに辞めれない場合は退職代行を使うのも1つの方法です。

退職代行について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

しばらく休養が必要な方へ

「うつなどの症状が出ている」「体調が悪い」など転職の前に休養が必要な場合、退職後の生活費が心配。その場合は、失業手当や傷病手当などを最大限受給することができる社会保険給付金サポートがあります。

社会保険給付金サポートについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる