【WEBディレクター】「向いてない!」「辞めたい!」解決方法と転職手段をご紹介!

【WEBディレクター】「向いてない!」「辞めたい!」解決方法と転職手段をご紹介!

「あなたの指示わかりにくいんですよね」デザイナーからいわれた一言が忘れられない。こっちだって気遣って言ってるのに・・・。人付き合いが苦手な自分にWEBディレクターなんて向いてないって自分が1番感じてるよ!!

こんな出来事があるたびに「もうWEBディレクターマジで向いてない。辞めたい」と感じていませんか?

もしあなたが本気でもうWEBディレクターが嫌になっているなら、辞めちゃっていいんですよ。

この記事では、WEBディレクターが向いてないと感じている方に向けて解決方法や「転職するために何をすれば良いか」などを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

【結論】WEBディレクターに向いていないと感じる時は転職で全て解決できちゃう

【結論】WEBディレクターに向いていないと感じる時は転職で全て解決できちゃう

「WEBディレクターに向いてない」と感じているそこのあなた!そのお悩みは転職で全て解決できます。とはいえ勢いで辞めちゃうのはNG!

あなたのスキルを最も活かせる職場に転職するには、準備や時間も必要。今のうちから転職準備をしておきましょう。

【WEBディレクターの悩み】向いてない…しんどい…辞めたい…こんな理由はありませんか?

【WEBディレクターの悩み】向いてない…しんどい…辞めたい…こんな理由はありませんか?

制作サイドと営業サイドや上司との板挟み。休みが取れるかどうかわからない週末。「WEBディレクターなんてやってられない!」と思うことがよくありますよね。

WEBディレクターが向いてない・辞めたいと感じるよくある状況をみていきましょう。

コミュニケーションが苦手すぎて無理

そもそも人と関わる仕事が嫌でIT・WEB業界の仕事を選んだはずなのにって思うことありませんか?

クライアントとの打ち合わせや制作陣への指示出しなど、たくさんの人とコミュニケーションが必要なWEBディレクター。うまく人付き合いができなかったり、気を使いすぎてヘトヘトです

制作サイドのことを考えない営業への不満

無理な納期やめちゃくちゃ激安で仕事をとってくる営業。クライアントにいいなりで「制作する側のこと何も考えてないだろ!」と言いたくなる制作要件もあるでしょう。

営業は営業で大変なのはわかるけど、もうちょっとWEBディレクターの気持ちも汲み取ってほしいですよね

制作や開発メンバーから嫌われる

WEBディレクターって本当に損な役回りだと思いませんか?何とか円滑に仕事を回そうとしているのに、デザイナーやコーダーから文句の嵐。

WEBディレクターだって頑張っているのに・・・・

このやりとりに全てのWEBディレクターが共感できるのではないでしょうか。

WEBディレクターに求められるもの多すぎ

WEBデザインにマーケティング、UI/UX、アクセス解析などなど専門スキルや知識だけでもキリがないのに、さらにスケジュール・予算管理にコミュニケーション能力!?

WEBディレクターに求められるものが多すぎません?

「もう勉強するの無理。ってかこんなに色んなことやるの向いてない」って思うのもわかります。

労働時間も長い!

「働き方改革で残業ほとんどないですよ!」というWEBディレクターもいるかもしれない。

でも、長い長い拘束時間に耐えている方だってまだまだ沢山います。「残業ほぼない」って言ってみたい・・・

検証やデバッグなど泥臭い仕事が苦手

実装確認やテキストの構成チェックなど地味な仕事も多いWEBディレクター。

苦手な業務が嫌すぎて、「向いてないわー」って感じることもありますよね

みんな思ってるWEBディレクターのお悩み まとめ

まだまだありますよ。

本当にWEBディレクターって大変な仕事。毎日お仕事お疲れ様です。よく頑張ってる!もっと自分のこと褒めちゃいましょ!

WEBディレクターを辞める時の不安な事とは?

WEBディレクターを辞める時の不安な事とは?

「辞めたいなら辞めてもいいっていわれてもなぁ」と辞めるって簡単じゃないことは重々承知。いざ転職するとなっても不安も沢山あると思います。WEBディレクターを辞めるにあたり、どのような不安があるのでしょうか。

お金に関する不安

「ディレクター辞めたら給料下がりそうだしなぁ」「同じ条件で転職ってできるのかな」などやはり転職でネックになるのは「お金」。転職することで収入が下がったり、もし無職になったときの生活費など不安は尽きません。

新しい職場に馴染めるか不安

「新しい職場に馴染めるか心配だ」

「イケイケ系が多そうだし人間関係築けるかな」

新しい環境に飛び込むときは、うまくやっていけるか不安になりますよね。特にコミュニケーションに自信がない方にとって「職場の雰囲気」や「自分が馴染めるか」は大きな問題です。

本当に自分のやりたい仕事ができるの?

「今の職場もWEBデザイナーで入ったはずなのに、WEBディレクターさせられてる」「いつの間にか業務の範囲が広がってやりたくないことまでやってる」

など現在WEBディレクターをしている経緯が、本意ではなかった方も多いでしょう。その場合「転職しても結局同じことになるんじゃないの?」と疑ってしまうこともあります。

その不安は全部【転職エージェント】で解決できる!

「お金」「職場の人間関係」「仕事内容」などたくさんの不安があっても大丈夫。その不安は全部【転職エージェント】を利用すれば最小限に抑えることができます

ここからはなぜ転職エージェントを利用すると良いのか解説していきましょう。

【転職準備】WEBディレクターに向いてないと思ったらとりあえず転職エージェントに登録しておくべし!

実はWEBディレクターからの転職には【転職エージェント】がピッタリ!「向いていない・辞めたい」と感じたら今すぐ転職するかは一旦置いといて、まずは登録しておくことをおすすめします。

WEBディレクターを辞めたい人にこそ【転職エージェント】を使ってほしい理由

どうして転職エージェントが退職の不安を抑えられたり、とりあえず登録しておいてほしいのかは以下の理由があるからです。

今の業務に負担をかけない
希望に合った求人が集まる
市場価値を認識できる
給与など条件交渉を任せられる

それぞれ詳しくみていきましょう。

【転職準備】として使える。今の業務に負担をかけない。

転職エージェントは担当アドバイザーがあなたの代わりに希望に合った求人を探してくれます。また、スカウト機能がある転職エージェントを使えば、あなたの経歴やスキルに応じてオファーされることも。

転職を検討中の方は「いい条件の求人があれば転職したい」と考えることがほとんどです。だからこそとりあえず登録しておけば、多忙なWEBディレクターの負担をかけずに転職準備が可能

良さそうな求人があったときに本格的に転職活動を始められます。

自分の希望に合った求人が自動的に集まる

今言った通り、自分で求人を探さなくても求人を紹介してもらえるのが転職エージェントの大きなメリットですが、「自分の希望に合った」というところをもう少し掘り下げていきましょう。

転職先の希望には「給与」「仕事内容」など労働条件だけでなく、「職場の雰囲気」や「離職率」など職場環境もあるでしょう。

転職エージェントは、実際に企業に訪問したり、人事担当と密に接しているので、募集要項では分からない職場の雰囲気などにも精通しています

新しい環境に馴染めるか不安な方は、どのような人が働いているかや社風などを細かく教えて欲しいとリクエストすることもOKです。

自分の市場価値を認識できる(自己肯定感が高まる)

「WEBディレクターに向いていないな」と感じているときは、少なからず自信を失っている傾向があります。

しかし、転職エージェントを利用し、転職活動を進めていくと自分の経験やスキルを他の企業がどのように評価するか知ることが可能です。

WEBディレクターを頑張ってきたあなたは、たくさんの企業が欲しがるIT・WEBスキルや経験をすでに持っています。そのため自分の想像以上に良い条件の企業が見つかることも

「自分にはこれだけの価値があるんだ」と認識できると、自己肯定感の向上や自信の回復につながります。

給与など条件交渉も転職エージェントにお任せ

WEBディレクターにこそ転職エージェントを利用してほしい最後の理由は「給与や仕事内容、労働時間などの条件交渉を任せられること」です。

転職のネックである収入が減る心配は、転職エージェントに給料交渉してもらいましょう。

自分で労働条件を交渉するのはよっぽどの交渉力がなければできません。転職のプロに交渉ごとを一任できるのは大きなメリットです。給与だけでなく、細かい業務内容や労働時間などの交渉もお願いしちゃいましょう。

経歴あるWEBディレクターは転職エージェントを使えばキャリアアップも十分可能!

条件に合った求人探しや給料交渉もお手のものな転職エージェントは、キャリアアップの転職が得意。

そのため、経歴があるWEBディレクターは、これまでの実績や専門スキルをしっかり売り込んで、キャリアアップすることも十分可能です

WEBディレクターにおすすめ転職エージェント3選

WEBディレクターにおすすめの転職エージェントはこちらです。

WEBディレクターの経験、強みを活かせる転職先

WEBディレクターの経験、強みを活かせる転職先

あなたはWEBディレクターの業務が向いていないだけでWEB業界に向いてないわけではありません。

あなたの持っているスキルや経験をフルに活かせるのはもちろんWEB業界。WEBデザイナーやコーダー、WEBマーケターなど得意な領域の専門職はおすすめです

また、現在代理店や制作会社のWEBディレクターの方は、事業会社のWEBディレクターやWEB担当という道もあります。

【WEBディレクターを辞めるメリット】辞めたらこんな未来が待ってるよ~!

【WEBディレクターを辞めるメリット】辞めたらこんな未来が待ってるよ~!

WEBディレクターを辞めるとどのような未来が待っているのかみていきましょう。

嫌いな業務から解放される

WEBディレクターを辞めると、管理業務や営業と制作の調整役など嫌いな業務から解放されます。

WEB業界はたくさん職種がありますから、得意な職種でキャリアを積み上げていけばいいんです

労働環境を見直すことができる

現在、過酷な労働環境で働いている方は、転職をきっかけに労働環境を見直してはいかがでしょうか。

転職の条件で労働時間や福利厚生、有給消化率などを重視すれば、労働環境を改善することができます。最近はフレックスタイム制やフルリモートOKなど縛られない働き方の企業も多いですよ。

失った自信を取り戻せる

転職は新しいスタート。あなたの価値を評価してくれる企業や、あなたがやりたい仕事を思いっきりできる環境で思いっきり仕事を楽しみましょう

もしあなたが「WEBディレクターに向いてない」と自分に自信が持てない状態なら得意な仕事やモチベーションが上がる仕事をして、自信を取り戻してください。

迷ってるなら勇気を出して!「WEBディレクターを辞めてしまおう!!」

ここまでWEBディレクターが向いてない・辞めたいと思っている方に向けて解決方法や転職手段をご紹介しました。WEBディレクターをこれまで頑張ってきたあなたは、最先端のWEB知識やスキルをたくさん持っています。

その知識やスキルはとっても価値があるもの!WEBディレクターじゃなくてもあなたがイキイキと活躍できる仕事があるはずです

まずは転職準備。あなたに合った仕事を見つけましょう。

辞めたいWEBディレクターにおすすめの転職エージェント3選

退職を言い出しにくい場合は退職代行がおすすめ

「上司に退職を言い出せない」「強く引き止められたら対処できない」と自分で退職を申し出にくい方は、退職代行を利用するのも1つの方法です。

退職代行について知りたい方はこちらをご覧ください。

しばらく仕事から離れたい方へ

「心身ともに疲れ果てている」「しばらく休養する時間が欲しい」方は失業保険や傷病手当を最大限に受給できる社会保険給付金サポートもあります。

社会保険給付金サポートについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる