「営業事務に向いてない!辞めたい!」解決方法と転職手段をご紹介!

「営業事務に向いてない!辞めたい!」解決方法と転職手段をご紹介!

「業務量が多くて忙しすぎる」「営業事務に向いてなくて毎日辛い」とふと思うことはありませんか?営業事務ってやらないといけないことが多くて本当にきつい仕事ですよね。

しかし、「辞めたいけど転職するのも不安だな」と迷っている方も多いでしょう。そんなあなたに一言言いたい!営業事務向いてないなら、無理して頑張らなくていいんですよ。他にあなたに向いてる仕事は絶対あります。

この記事では、営業事務に向いてないと悩んでる方に向けて、解決方法や転職手段をご紹介。ぜひ最後までご覧ください。

目次

【結論】営業事務に向いてないなら辞めても大丈夫!

今日もお仕事お疲れ様です。営業事務が向いてないと辛い思いをしているのに今日も仕事に行ったあなたは本当に偉い!

でもね、向いてなくて営業事務が嫌なら、もう頑張らなくてもいいんですよ。向いてない仕事を無理に続ける必要はありません

「本当に?」と思った方もご安心ください。これから営業事務を辞めたい時の解決方法や転職手段をきちんと解説します。

【営業事務あるある】向いてない辞めたいと思う理由

【営業事務あるある】向いてない辞めたいと思う理由

営業事務ってストレスが溜まりますよね。ここでは向いてない・辞めたいと思う営業事務あるあるをご紹介します。

ミスが多くてよく怒られる

ミスや失敗で怒られた時は「やっぱり営業事務向いてないわ…」と落ち込みませんか?

怒られるとさらにやる気も無くなるし、本当に辞めたくなりますよね

営業のサポートが向いてない

営業事務は営業に振り回されますよね。

営業次第で仕事が増えるし、自分のペースが乱されて本当にストレスを感じます

クレーム対応がストレス

適当な営業のせいでクレームを処理しないといけないのも営業事務の仕事。

「もう営業に直接言ってくれよ!」と嫌になってしまいます

マルチタスクが大変

書類作成中の電話対応や、急に依頼される見積もり作成など、営業事務はマルチタスクをこなす能力が必須です。

あれもこれも言われてパニックになることもあります。スーパーマンかとでも思っているのでしょうか。

人間関係が悪い

人間関係はよくある仕事の悩みですが、営業事務は特に「営業にムカつく!」と担当の営業との仲が悪くなる傾向があります。

また、営業事務同士でも、嫌味な先輩や仕事を教えてもメモを取らない新人など、人間関係の悩みは尽きません

残業が多い

営業事務は残業が多いことでも有名です。

連絡が遅い営業のせいで営業事務が残業になっているのに、さっさと帰宅する営業を目にすると「自分でやれよ!」と言いたくなります

コミュニケーションが苦手すぎて無理

営業に聞かないといけないけど、タイミングがわからない。話しかけてイライラされたらどうしよう。などコミュニケーションが苦手な人にとっては営業事務はハードルが高いかもしれません

性格が営業事務に向いてない

短気、イライラが顔に出るなど性格的に営業事務に向いてないこともあります

こればっかりはどうしようもありません。

営業事務を辞めるときの不安

営業事務を辞めるときの不安

「辞めたいけど、簡単に決意できない」という気持ちもわかります。誰だって何か行動する時は不安がいっぱい。そこで営業事務を辞めるときの不安をみていきましょう。

他にしたいことがわからない

「転職したいけど他にしたいことがわからない」これが転職に踏み切れない原因ではないでしょうか。まして営業事務が向いてないと落ち込んでいる時は、どの仕事も向いてなさそうと感じてしまうものです。

短い期間で仕事を辞めると不利になりそうで不安

「働いてみたら営業事務に向いてないけど、3年は我慢したほうがいいのかな?」

「1年未満で辞めたらすぐ辞める人って思われそう」

などある程度の勤務年数がないと転職に不利になりそうで不安になります

そもそも転職の仕方がわからない

そもそも転職の仕方がわからなくて行動できない方が多いのが現実です。

「職務経歴書って何?」

「面接で辞めた理由を聞かれたらどうしたらいいの」

など転職活動はわからないことだらけ。不安でいっぱいです。

でも大丈夫!不安に寄り添いつつ転職をサポートするのが【転職エージェント】です。

転職は不安があって当たり前。でもご安心ください。私たちには強い味方がいます。それが転職エージェントです!

転職エージェントでは転職者の不安に寄り添いながら二人三脚であなたの転職をサポート!次の章で詳しく転職エージェントについてご紹介します。

転職エージェントに登録しよう

転職エージェントに登録しよう

ここからは転職エージェントについてや利用するメリット・デメリットについて解説します。

転職エージェントとは?

突然ですが、転職エージェントってご存じですか?ほとんどの方は何となく「転職先を紹介してくれるサービス」というイメージしかないのではないのでしょうか。

実は、転職エージェントには営業事務から転職したい方に嬉しいサポートが一杯!転職エージェントで受けられるサポート内容はこちらになります。

  • 転職についてやこれからのキャリアに関する相談
  • 自分の強みや適性など自己分析のお手伝い
  • あなたに合った求人の紹介
  • 職務経歴書や履歴書などの添削や書き方のアドバイス
  • 模擬面接などの面接対策
  • 面接日程の調整などスケジュール管理
  • 給与や労働条件の交渉
  • 退職手続きのアドバイス

転職先の紹介だけでなく、こんなにたくさんのサポートが受けられます。しかも嬉しいことに、料金は完全無料!

すなわち転職エージェントとは、無料で転職の相談から入社するまで全てをサポートする便利なサービスなんです

営業事務からの転職で転職エージェントを利用するメリット

営業事務の方が転職エージェントを利用するメリットはこちらです。

忙しい業務に負担をかけずに転職活動ができる
全く料金がかからない
どんな仕事が向いているか相談できる
複数のエージェントを使うことで選択肢が広がる

それぞれ詳しくみていきましょう。

忙しい業務に負担をかけずに転職活動ができる

「営業事務をしながら転職活動なんて時間がない」これは業務量が多い営業事務の方に多い悩みです。帰宅後は仕事でヘトヘトなのに、求人を探したり、企業に応募したりって正直やりたくないですよね。

転職エージェントでは、希望に合った求人を探したり、企業への応募、面接日程の調整などを全部あなたに代わってやってくれます

そのため、働きながらでも転職活動がスムーズに進めることが可能です。

全く料金がかからない

転職エージェントは、転職先の企業から紹介料をもらう仕組みのため、利用者は一切お金を払う必要がありません

転職活動で不安な履歴書の志望動機の書き方や面接練習を無料でできるのは嬉しいポイントです。

どんな仕事が向いているか相談できる

営業事務から転職したくても「どんな仕事が向いているかわからない」と悩んだ経験はありませんか?何なら「向いてる仕事なんてないんじゃないか」と思うこともあるでしょう。

転職エージェントでは、あなた専任の担当アドバイザーが興味があること・好きなこと・苦手なこと・嫌なことなどを丁寧にヒアリング!ヒアリングをもとにあなたにぴったりな仕事を提案してくれます。

やりたいことがなくても大丈夫!転職エージェントが色々な方向性や可能性をアドバイスしてくれますよ

複数のエージェントを使うことで選択肢が広がる

転職エージェントは大手から業界に特化したものまで沢山の種類があります。それぞれ持っている求人や得意分野も異なるので、2〜3社の転職エージェントに登録するのがおすすめ!

複数の転職エージェントを利用することで、転職の選択肢がグッと広がります。どの転職エージェントに登録すればいいかわからない場合は、後半で紹介するおすすめの転職エージェントを参考にしてください。

転職エージェントのデメリット

至れり尽くせりの転職エージェントですが、デメリットもあります。それは自分1人で転職活動をするわけではないので、転職エージェントとのやりとりが面倒になることです。

転職エージェントに登録すると、担当アドバイザーとの面談が行われます。そこで希望条件などを擦り合わせて、希望に合う求人の情報があればその都度連絡が来ます。

頻繁に連絡が来ると転職を焦らされていると感じることもあるかもしれません。しかし、転職エージェントとのやり取りさえ頑張れば、今の生活から抜け出せます。

少々煩わしいかもしれませんが、ちょっとだけ頑張りましょう。

営業事務を辞めたい方におすすめの転職エージェント3選

営業事務から転職を成功させるポイントは、いくつかの転職エージェントを利用して選択肢を広げること!営業事務の方におすすめの転職エージェントはこちらです。

スクロールできます
リクルートエージェントdodaマイナビクリエイター
サービス名リクルートエージェントdodaマイナビクリエイター
公開求人数273,626件162,332件3,576件
非公開求人数277,069件非公開非公開
おすすめポイント圧倒的求人数!転職者満足度No. 1IT・WEB系の転職に特化
料金無料無料無料
対応地域全国全国全国
公式サイト公式サイトから登録公式サイトから登録公式サイトから登録

営業事務の経験・強みを活かせる転職先

営業事務の経験・強みを活かせる転職先

営業事務の経験や強みを活かせる転職はこちらです。

総務事務・一般事務事務のスキルを活かした上で、業務量を減らせる可能性がある
WEB業界PCスキルを活かしたい人におすすめ。未経験の採用に積極的
接客業コミュニケーション能力を活かすことができる
営業職営業の仕事を把握しているため、業務に馴染みやすい

上記は営業事務からの転職で人気な職種でもありますが、あくまでも一例。自分のやってみたいことをやるのが1番です

【営業事務を辞めるメリット】辞めたらこんな未来が待っている

【営業事務を辞めるメリット】辞めたらこんな未来が待っている

忙しい毎日を過ごしている営業事務。辞めたらどのような未来が待っているのでしょうか。

営業や周りに気を遣わなくてよくなる

商談がうまくいかず不機嫌な営業マン。事務所を牛耳るお局様。たくさんの人に気を遣いながら働くのはもうおしまいにしませんか?

営業のサポートがメインの営業事務は常に気を遣いながら働いています。毎日気を遣いすぎて疲れている方も多いでしょう。営業事務を辞めると、常に周りに気を使うストレスが無くなります

多すぎる業務量から解放される

次から次に増える仕事。「営業事務は何でも屋じゃない!」って言いたくなることもありますよね。

多すぎる業務に毎日イライラしている方も多いでしょう。営業事務を辞めると、この忙しすぎる業務から解放!さらに、ストレスやプレッシャーも減るので穏やかに過ごすことができます。

残業が減り定時退社も夢じゃない

残業や土日対応も多い営業事務。営業事務をやめて残業が少ない職種に転職すれば定時退社も夢じゃありません。

https://twitter.com/tomo8ta/status/1291877324925804545

給料が変わらないのに、労働時間が少なくなるなんて幸せすぎます

迷っているならまず行動!「営業事務を辞めてしまおう!!」

ここまで「営業事務に向いてないな・辞めたいな」という方に向けて解決方法や転職手段をご紹介しました。

働いてみたら向いてなかったと感じるのは珍しいことでも、悪いことでもありません。営業事務だけが仕事ではありません。他にもっとあなたに合った仕事がきっとあります。

さぁ迷ってる時間がもったいない!まずは転職準備!営業事務から解放されるその日に向けて動き出しましょう。

営業事務を辞めたい方におすすめ転職エージェント3選

スクロールできます
リクルートエージェントdodaマイナビクリエイター
サービス名リクルートエージェントdodaマイナビクリエイター
公開求人数273,626件162,332件3,576件
非公開求人数277,069件非公開非公開
おすすめポイント圧倒的求人数!転職者満足度No. 1IT・WEB系の転職に特化
料金無料無料無料
対応地域全国全国全国
公式サイト公式サイトから登録公式サイトから登録公式サイトから登録

仕事を辞めると言えない方は退職代行がおすすめ!

「上司が高圧的で退職を言い出せない」「人手不足でスムーズに辞めさせてもらえない」など退職を言い出せない場合は、退職代行を利用するのがおすすめです。

退職代行を利用すると、嫌な上司と顔を合わせることなく退職することも可能。退職代行について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

うつや病気などしばらく療養が必要な方へ

「体調が悪くすぐに働けない」「しばらく療養したい」などすぐに転職できない方は、社会保険給付金サポートがおすすめ。社会保険給付金サポートでは、失業手当や傷病手当を最大限に受給し、しっかりと体を休めることができます。

社会保険給付金サポートについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる