工場勤務を辞めたい人向け!判断基準やおすすめの転職先をご紹介

工場勤務を辞めたい人向け!判断基準やおすすめの転職先をご紹介

「毎日同じ作業の繰り返し。このままでいいのだろうか・・・」

「立ちっぱなしで足も腰も限界。でも他にできる仕事ってあるのかな」工場勤務をしている方で、このような不安を感じている方はいませんか?中には不満やストレスを感じながらも、辞めるべきか葛藤している方も多いでしょう。

特に、工場での仕事以外の経験がない方は、転職を諦めてしまう方も多いはず。そこで当記事では、工場を辞めるべきか悩んでいる方に向けて、『辞めるべきかの判断基準』をわかりやすく解説します。

また最後には、『工場勤務を活かした転職先』や、『失敗しにくい転職先』についてもご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

工場勤務を辞めたいと思った瞬間!エピソードをご紹介

工場勤務を辞めたいと思った瞬間!エピソードをご紹介

実際に工場勤務を辞めたい人の声を聞いてみると、工場に就職したきっかけや環境・状況に応じてさまざまな理由がありました。

ここでは、ある3人の『工場勤務を辞めたいエピソード』をご紹介します。あなたも共感できるエピソードがあるかもしれません。

エピソード① 『開発がしたかったのに工場に配属』大卒20代男性

メーカーにて工場勤務の者です。大学では、 化学を専攻し、技術採用で新卒入社しました。 開発系に希望していましたが、製造部に配属(研修とかではなく)になりました。3年目であるにもかかわらず未だにライン工として働いています。 先輩はラインの仕事は1年で終わり、その後は製造に関する技術的な仕事をしているのに自分は未だこの状態です。希望のキャリアとは異なることや、今の状態を人事に相談しましたが、異動は難しいようです。 自分は干されたかもしれません。「工場で働きたかったわけではないのに」と毎日思っています。

この方は、配属先が工場のため、やりたかった仕事ができず、転職を考えているそうです。

開発や設計などの技術職で採用されても、最初は、製造部門などを経験する会社が多いと聞きます。この方のように他にやりたいことがある方は、辞めたくなるのも仕方ないかもしれません

エピソード② 『工場の仕事にやりがいを感じられない』高卒20代男性 

私は、就職活動のとき、特にやりたいことが、ありませんでした。それで高校に来ていた求人の中で、安定していて給料も良かった地元の大きな工場に就職。親はとても喜んでくれました。最初は、それなりに給料ももらえるし、特に不満はなかったです。しかし、ここ最近、「一生この生活を続けるのか」と思ってしまい、やる気が出ません。私の担当しているラインは、単純作業が多くつまらない。毎日、同じことの繰り返しで、仕事のやりがいもありません。転職したいけど、他の仕事ができるかも不安だし、どうしたらいいのでしょう。

この方のように、工場の仕事内容にストレスを感じている方はとても多いです。確かに、同じ作業を繰り返すことが好きな人もいれば、そうではない人もいます。

この方の場合は、やる気が出ない状態なので、余計に仕事が嫌になっているのかもしれません。また、転職を考えていても「他の仕事が務まるか」という不安はみなさん感じています。

実は、その不安は解消できます。その方法は後で詳しく説明しますね。

エピソード③ 『工場は人と関わらなくていいと思っていたのに、人間関係がしんどい』高卒20代女性

高卒2年目で、食品系の工場で働いています。職場は女性ばかりで、中には勤続20年以上のベテランおばちゃんもいます。実はこのベテランおばちゃんが曲者で・・・。ベテランなので、確かに仕事は何でもできます。ただ、どうも「自分よりこの工場をわかっている人はいない」と思っているようで、ちょっとでも違うやり方をすると、こっぴどく怒られます。工場長も、このおばちゃんには逆らえないのか、やりたい放題。私は、このおばちゃんに目をつけられてしまい、しょっちゅう嫌味を言われます。工場で働けば、あまり人と関わらなくてもいいと思ったのに、人間関係で悩むことになるとは思いませんでした。

人間関係の問題は、工場勤務でも起こります。工場は年齢、学歴問わず働けるのでさまざまな方が働いており、この方のように人間関係に悩まされるケースもあるでしょう。

しかし、人間関係は工場勤務に限った問題ではありません。元気な挨拶や適度なコミュニケーションを心がけることが大切です。

工場勤務を辞めるべきかの判断基準

工場勤務を辞めるべきかの判断基準

「工場勤務を本当に辞めても良いのかな」と迷う方はたくさんいます。仕事を辞めるというのは大きな決断。そう簡単に決められないのは当たり前です。

ここでは、工場勤務を辞めるべきかの判断基準として、『辞めた方がいい人』と『辞めない方がいい人』がどのような場合か徹底解説!

また、辞めたいけれど、やりたいことがわからない、他の仕事が務まるか不安な場合にどうすべきかをご紹介します。

工場勤務を辞めたほうがいい人

下記の項目に当てはまる方は、退職を検討してみてください。

  • 不眠などのうつの症状や吐き気などの体調不良がある方
  • 他にやりたい仕事がある方

それぞれ詳しくご紹介していきます。

不眠などのうつの症状や吐き気などの体調不調がある方

工場の仕事や職場が原因で、うつや体調不良を抱えている方は、工場勤務を辞めた方がいいでしょう。どんな仕事をするにしても、健康でなければいけません。何よりも大切なのは、あなたの体です。

辞めたとしても、すぐに他の仕事ができない状態の場合もあります。まずは、しっかりと心や体を回復させてください

他にやりたい仕事がある方

他にやりたい仕事やチャレンジしたいことがある方は、思い切って辞めて新しい仕事に挑戦してもいいと思います。人生は一度きり!やりたいことを仕事にするのが1番です。

工場勤務を辞めないほうがいい人

次に工場勤務を辞めない方がいいのは、このような場合です。

  • 仕事に打ち込めていない方
  • 作業が楽にできてしまう方
  • 人事異動などで環境が変わり、嫌になった方

それぞれ詳しく解説します。

仕事に打ち込んだ経験のない方

仕事に打ち込めず、何となく働いているだけの方は、仕事を辞めない方が良いでしょう。仕事に打ち込めない方は、物事を熱心に取り組んだり、やりきった経験がない場合が多いです。

仕事に限らず、物事を本気で取り組まなければ、その楽しさを感じることはできません。だから、すぐに嫌になったり、つまらなくなったり、嫌なところばかりを考えて辞めたくなってしまう。

これを繰り返すことはとても危険です。どのような仕事でも、真剣に取り組めば、いろいろな発見や楽しさに気がつきます。また、熱心な姿勢で仕事をしていれば、昇給や昇進のチャンスも広がるでしょう。

思い当たる方は、一度、目の前の仕事を本気で打ち込んでみてはいかがでしょうか?実は、あなたに向いている楽しい仕事かもしれません。

作業が楽にできてしまう方

工場の作業が楽にできてしまう方は、実は工場勤務に向いています。それは、次の工程を考え、動きに無駄がない。短時間で仕事を覚えることができ、効率よく仕事ができる方だからです。

自分では意識していなくても、自ら考え行動できるので、昇進のチャンスは大いにあります。それによって、新しい仕事に出会えたり、今とは違う楽しさを感じられる可能性もあります。

人事異動などで環境が変わり、嫌になった方

環境が変わったことがきっかけで、今までの仕事が嫌になってしまうことがあります。

例えば、上司が異動によって変わると、同じ仕事でも全く雰囲気や、やり方が変わることも。そうすると、変化を嫌って辞める人が続出するケースも珍しくありません。

しかし、慣れてくれば、今までより改善されたポイントもあるはず!一時の感情で辞めるのでは無く、もう少し冷静に物事を判断してみてください

辞めたいけれど、やりたいことがわからない時

たとえ『辞めない方がいい人』に当てはまっていたとしても、「辞めたい」気持ちを抑えられない方もいるでしょう。

恐らく読んでいる方の多くは「辞めたいけれど、次にやりたいことがわからない」「他の仕事が務まる自信がない」という思いを抱えている方が多いはず。

このような時は、すぐには辞めると決めないで、働きながら転職の準備をすることがオススメです。具体的にその準備とは何かお伝えします。

好きなことや興味があることは何か考える

世の中にはたくさんの仕事があります。やりたいことが今はなくても、これから探せばいいのです。インターネットを使えば、いろいろな仕事の内容を調べることができます。

「営業って面白そうだな」「WEBデザイナーって何だかかっこいいな」このような程度からでも良いので、あなたがどのような仕事に興味を持てるか色々見てみてください

足りないスキルの勉強をする

例えば、「デスクワークをしたい」と興味を持ったときに、PCスキルが乏しければ転職は難しいでしょう。もし興味があってやってみたい仕事があるのであれば、必要なスキルや資格を磨いておくことも大切です。

『ワードやエクセルなどの基本的なPCスキル』『WEBデザインやプログラミング』『宅建』『簿記』など独学でも勉強できるものはたくさんあるので、一度調べてみてくださいね!。

このように、働きながらでも、転職を見据えて準備することはできます。準備する中で、やりたい仕事が見つかれば、そのとき工場勤務を辞める決断をすればいいのです。準備ができれば「他の仕事が務まるか」という不安は解消できます。

工場勤務からの転職活動の方法やおすすめの転職先

工場勤務からの転職活動の方法やおすすめの転職先

工場勤務を辞める決断をしたら、いよいよ転職活動です。転職活動をするとき1人では不安なもの。そこで『転職活動の方法』や『工場勤務を活かした転職先』『工場勤務から失敗しにくい転職先』をご紹介します。

転職活動始めるときは、転職エージェントに相談しよう

何となくやりたいことが決まっていても、「どのような会社に応募すれば良いかわからない」と感じる方が多いです。ですから、転職活動を始めるときは、転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントでは、

  • あなたの経験や強みを活かした職種、業種の提案
  • 具体的な求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書のアドバイス
  • 面接対策

などを行うことができ、転職希望者の強い味方!転職で後悔しないためにも、ぜひ活用してください。

工場勤務を活かした転職先

工場勤務を二度としたくないという方も多いでしょう。転職先の参考として、工場勤務での経験を活かした転職先はこちらです。

  • 物流業界
  • 土木業界

工場勤務が長いと、フォークリフトやクレーン、玉掛けなどの資格を取得している方も多いのではないでしょうか。このような資格を持っている方は、物流業界や、土木業界で活かせます

工場勤務から失敗しにくい転職先

次に、未経験の業種にチャレンジするときに、工場勤務から失敗しにくい転職先をご紹介します。

  • 営業
  • 接客、販売
  • WEBエンジニア、プログラマー

これらの業種に共通しているのは、未経験者の採用を積極的に行なっているという点です。人とコミュニケーションをとることが好きな方は、営業や接客、販売がおすすめ。

また、WEBエンジニアやプログラマーは『ものづくり』に興味がある人におすすめです。

まとめ

当記事では、工場勤務を辞めたい方に向けて、『辞めるべきかの判断基準』と『転職活動の方法やおすすめの転職先』について解説しました。仕事を辞めるということは大きな決断。

すぐに辞める辞めないを決めずに、働きながら準備をするという方法もあることを1つの選択肢に加えてほしいです。誰でも、違う仕事に転職することは勇気が必要。

繰り返しになりますが、その準備をきちんとできれば、「他の仕事が務まるか」という不安は解消することができるはず。当記事を参考にあなたのこれからについて考えてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる